• ホーム
  • ED治療薬のレビトラの効果と服用方法

ED治療薬のレビトラの効果と服用方法

黄色のカプセルと花

世界三大ED治療薬の一つ「レビトラ」は、ドイツのバイエル製品社によって製造販売され、日本ではバイアグラについで2番目に認可を受けたED治療薬でもあります。
2004年に日本国内で認可されて以降、現在は3種類の用量「5mg、10mg、20mg」が販売されています。
ちなみに、海外でもこの3タイプの用量以外は販売されておらず、これら以外の用量のものは偽造品ということになります。
その最大の特徴は「効き目がすばやい」という点です。
レビトラの有効成分「バルデナフィル」は水に溶けやすいという性質を持つため、非常に身体に吸収されやすく、服用後は「約15分」ほどで効果が現れます。
これは現在販売されているED治療薬の中でも、最も短い効果発現時間です。
バイアグラの場合には、効果発現には「約30分」ほどかかるため、より即効性を求める人にレビトラは人気の商品になっています。
レビトラの勃起改善効果は、有効成分バルデナフィルによる「陰茎への血行促進作用」によって生じています。
勃起は脳が性的に興奮し、その刺激によって陰茎内の血管を拡張させる物質が増加し、海綿体に血液が充満することで起こります。
レビトラなどのED治療薬は、この陰茎内の血管拡張物質を増加させるよう作用し、勃起を持続させる薬になります。
この血行促進作用は、より大きい用量のものを使用した場合の方が強く出ます。
治療薬の血中濃度が高くなるほど血行促進の効果も高くなるため、用量が大きい方が海綿体に血液が充満しやすくなり、勃起はより硬く、その強さも増します。
一方で用量の大きいものは、副作用もそれに比例して強く出てしまうため注意が必要です。
服用後の効果持続時間は個人差や用量によっても変わりますが、用量「5mg」なら「約4時間」、「10mg」であれば「約6時間」ほど、「20mg」であれば「約10時間」ほどの持続時間となります。
大きい用量のものであれば、バイアグラより長く効きます。
また、最近はステンドラというED治療薬が開発されました。主成分はアバナフィルで、レビトラと同等~それ以上の即効性を持っています。食事の影響も受け辛いという特徴も同じでジェネリックもあることから、レビトラジェネリックの製造が中止になったこともあり、ステンドラのジェネリックであるアバナを使うという選択肢もあります。ED治療薬は通販で購入出来ることが知られてきました、取り扱う薬の種類も増えた今は通販でアバナを買うことが出来ます。治療薬は何度も使用することが多いですから、極力価格を抑えられる方法を取るのが良いでしょう。

レビトラの服用方法と服用についての注意点

レビトラは、食事の影響を受けにくい薬です。「標準的な食事」であれば食前・食間・食後、いつ服用してもよいとされています。
この「標準的な食事」とはバイエル社が提供している資料によって定められているもので、その詳細な定義は「総エネルギー中における、脂肪割合が30%以下である食事」とされています。
一般成人男性において、標準的な食事とは「約700kcal」の食事です。
その30%である「210kcal以下」の脂肪量である食事であれば、薬に影響を与えない食事ということになります。
脂肪は「1g=9kcal」ですので、「210kcal以下=23.3g以下」となり、影響を与えない食事とは「総カロリー700kcal以下」かつ「脂肪が23.3g以下」の食事ということになります。
これは一般的な和食であれば、容易に達成できる数字です。
一方で「ハンバーガー、牛丼、かつ丼、ドーナツ、カレーライス」といったファストフードでは達成が難しいものが多く、これらを服用前後で食べた場合には、薬の効果が弱まる可能性があります。
効果を最大限引き出したいのであれば、「空腹時」に飲むことをおすすめします。
食事の影響を受けにくいとはいえ、わずかな油分でも胃腸に膜を張り、薬の吸収効率を下げる原因となる可能性があります。
また服用時には副作用についても注意が必要です。レビトラは副作用が比較的少ない薬です。
ED治療薬の副作用は、陰茎だけでなく全身に対しても「血行促進効果」が作用してしまうことが原因で起こります。
レビトラの作用は陰茎によりに集中的作用する一方で、全身にはあまり作用しない特性があり、副作用は少なくなっています。
とはいえ副作用が弱いというだけで、「顔のほてり、頭痛」などが生じる可能性はあります。
これらは薬の効果が切れれば自然と治まるもので、軽い症状であれば気にする必要はありません。
あまりに症状が重いと感じる場合や、薬の効果が切れても副作用が続く場合には、病院などに相談することが大切です。

人気記事一覧